OPSWAT、ネットワークアクセスコントロールのリーダー Impulse を買収。重要インフラの保護機能を強化

クラス最高のサイバーセキュリティ企業2社の連携により、「Trust No File. Trust No Device.(如何なるファイルも、如何なるデバイスも信用しない)」理念の先駆者は、ミッションクリティカル ネットワークセキュリティとソフトウェア定義のペリメーターソリューションでお客様のポートフォリオを拡大できるようになります。

2019年12月12日、重要インフラ サイバーセキュリティのリーダー OPSWAT(サンフランシスコ)は、フロリダ州タンパに拠点を置くネットワークアクセスコントロール(NAC)ソリューションと、ソフトウェア定義のペリメーターソリューション(SDP)を提供するサイバーセキュリティ会社Impulseの買収を発表しました。ImpulseのNAC、SDPソリューションは、金融サービス、エネルギー、高等教育、政府機関など、幅広い産業を対象としています。買収の一環として、OPSWATはImpulseの製品とチームを吸収、統合し、サイバー攻撃から重要インフラ環境を保護するために不可欠なミッションクリティカル ネットワークセキュリティとSDP機能をお客様に提供します。 OPSWATはフロリダ州タンパに同社のオフィスを維持し、東海岸の最初の拠点となります。

Impulseの買収により、ネットワークアクセスコントロール、SDPのセキュアアクセス、そしてOPSWAT MetaAccessのセキュアデバイスアクセスを統合した、最高のデバイスアクセスソリューションによりOPSWAT製品が強化されます。さらに、重要インフラ サイバーセキュリティのリーダーは、相互運用可能なエンドツーエンドのNACソリューションも提供できるようになります。24時間年中無休のサポートをいつでも、どこでも、新規・既存のお客様に拡大するために、OPSWATの新しいタンパ拠点はOPSWATグローバルサポートチームに速やかに統合され、既存のサポートセンター(EMEA、APAC、サンフランシスコ)に加わります。さらに、2020年以降、エンジニアリング、IT、カスタマーサービスの人材をタンパに追加し、規模を拡大します。

「私たちは様々なSDPおよびNACベンダーを慎重に評価した結果、Impulseを買収しました。ImpulseのコアテクノロジーとチームをOPSWATと統合することにより、クラス最高のネットワーク保護をお客様に提供できると確信しています。」とOPSWAT創設者兼CEO Benny Czarnyは述べています。「この統合ソリューションにより、「Trust no file, Trust no device(如何なるファイルも、如何なるデバイスも信用しない)」の理念をネットワークにも拡張し、共同のお客様がアクセスポリシーを容易に適用し、既知・未知の脅威を防ぎ、総合的にリスクを軽減できます。」

Impulseは、エンドポイントデバイスのネットワークアクセス管理で、企業が直面する多くの課題に対処するために、2004年に起業家David Robinsonによって設立されました。同社の主力製品であるSafeConnect Network Access Control (NAC) 製品は、BYODの柔軟なエンドポイントポリシー管理を提供する受賞歴を誇るソリューションで、SafeConnect Software Defined Perimeter (SDP)ソリューションは、オンプレミス、クラウド問わず、ゼロトラストモデルでデータとアプリケーションを保護します。

「ネットワークの境界は、四方壁で囲まれた物理データセンターに限定されなくなりました。むしろ、すべての従業員のデバイスやクラウドアプリケーションにまで広がり、セキュリティチームに新たな複雑さとリスクをもたらしています。」 とImpulse創設者兼CEO David Robinsonは述べています。「Impulseは、16年近くにわたり、柔軟で実装が容易なネットワークアクセスコントロールソリューションにより、何百ものお客様の膨大なエンドポイントの保護を支援してきました。私たちはOPSWATの一員になり、次世代セキュリティプラクティスを重要インフラ市場にもたらすというミッションで貢献できることを大変うれしく思います。」

OPSWATのソリューションは、ゼロトラストフレームワークに基づき、すべてのファイルをスキャンし無害化するDeep CDR (Content Disarm and Reconstruction)テクノロジーを適用し、アクセスコントロール認定プログラムを通じてデバイスの整合性を確実にします。10年以上にわたり、OPSWATの技術は、Cisco、Palo Alto Networks、Pulse Secure、およびその他の主要ネットワークベンダーのNAC、SDP、SSL VPN、セキュアデバイスアクセスを強化するためにホワイトラベルとして利用されてきました。OPSWAT MetaAccessは、Symantec Secure Access Cloudなどの主要SDPソリューションとも統合され、重要インフラのお客様に使いやすい安全なクラウド、ネットワークアクセスを提供します。

詳細については、https://opswat.jp/impulse-network-access-controlをご覧ください。OPSWATの重要インフラ認定プログラムであるOPSWAT アカデミーについては、https://www.opswat.jp/academyをご覧ください。

 

OPSWATについて

OPSWATは、マルウェア、ゼロデイ攻撃から世界のミッションクリティカル組織を保護する、重要インフラ サイバーセキュリティのグローバルリーダーです。侵害のリスクを最小限に抑えるために、OPSWAT CIPソリューションは、重要なネットワークとの間でファイルやデバイスを安全に転送するプロセスを公共・民間組織で実装することができます。米国の原子力施設の98%および世界中の金融サービス、防衛、製造、エネルギー、航空宇宙、輸送システムに及ぶ1,000以上の組織がファイルとデバイスの保護、業界・政府主導のポリシーや規制へのコンプライアンス遵守、そして組織の評判、財務、従業員、さまざまな関わりをサイバー主導の混乱から守るために、OPSWATを信頼しています。詳細については、www.opswat.jp にアクセスし、LinkedIn、Twitter、Facebook、Instagram、およびYouTubeでフォローしてください。

 

Impulseについて

SafeConnect Network はセキュアネットワークです。SafeConnectソリューションは、リモートとクラウドアクセスのみならず、従来のネットワークへのセキュアアクセスのリーディングプロバイダーです。SafeConnectは、シンプルなアクセス制御アーキテクチャ、リモート管理サポートサービス、およびお客様中心のビジネス理念を組み合わせ、お客様とITセキュリティの自由を可能にすることにより、あらゆる規模と様々なニーズがある組織のアクセスを、安全かつ効率的に自動化します。私たちのお客様は、このSafeConnectエクスペリエンスをご存知です。www.impulse.comにアクセスしてください。

英語版のブログはこちらです。

Sign up for Blog updates

Get information and insight from the leaders in advanced threat prevention.