製品

Central Management

高度な脅威防止とデバイスセキュリティ管理プラットフォーム

Central Management により、1つの場所から複数のMetaDefender製品を監視と管理することができます。中央コンソールから、マルウェア対策エンジンの表示、ウイルス定義とエンジンの更新管理、ライセンス状態の確認など、包括的な操作を実行できます。

利点

単一画面

複数の MetaDefenderのインスタンスの管理を簡素化します。単一の管理コンソールから、すべてのインスタンスの表示と制御、セキュリティポリシーと設定の更新、マルウェア対策ウイルス定義の更新を管理、そしてインスタンスの正常性をほぼリアルタイムで監視できます。Central Managementは、MetaDefenderが処理するデータのグローバルビューや、MetaDefenderが相互に通信する方法についての可視性など、総合的な情報も提供します。

合理化された更新プロセス

Central Management は、MetaDefenderインスタンスのオンラインおよびオフライン両方の更新管理を提供します。オンライン環境では、すべてのアップデートをアップデートサーバーからダウンロードし、手動でアップデートすることなく、自動的に接続されたすべてのインスタンスにリモートで配布できます。

正常性の監視

Central Management は、MetaDefenderインスタンスの正常性状態を監視し、特定の MetaDefenderが注意を要する可能性があるか否かを示すヘルススコアを割り当てます。これにより、MetaDefenderインスタンスの正常性状態を容易に確認し管理でき、サービスの中断を避けることができます。

導入の柔軟性

Windowsと Linuxの両方で動作し、お客様の選択したプラットフォームに基づいて MetaDefender製品のインストールを簡素化します。追加インスタンスのプロビジョニングは、Central Managementのリモートの構成管理機能により非常に容易です。

機能

複数の MetaDefenderインスタンスの管理
MetaDefenderの複数のインスタンスを管理します。各インスタンスは、有効化、無効化を含む細かいレベルで制御できます。
AV エンジンアップデートの集中化
オフライン環境では、OPSWATのアップデートダウンローダーユーティリティを使用してアップデートをダウンロードし、異なるMetaDefender間で配布するためにCentral Managementに転送できます。
ヘルスモニタリング
MetaDefenderインスタンスの状態を監視し、注意が必要かを示すヘルススコアを割り当てます。
広範囲の製品サポート
Central Managementは、MetaDefender(Core)、Kiosk、Client、ICAPサーバー、Email Securityの集中構成と監視をサポートします。
ダッシュボードレポート
スキャンされたファイル数と、管理対象のすべての MetaDefender製品インスタンスで検出されたマルウェアの統計情報を提供します。
マルチプラットフォーム OSサポート
Windows 7, 8, 8.1, 10, Windows Server 2008 R2, 2012, 2012 R2, 2016, Debian 8.0以降, Ubuntu 14.04 & 16.04, RHEL 6.6以降 & 7.0以降, CentOS 6.6以降 & 7.0以降