更新を入手

今日の大手ベンダーによりますメールセキュリティソリューションは、一般的に強力なスパムフィルタと呼ぶべきであり、従いまして、今日の高度なランサムウエア攻撃や文書ベースの悪用を防ぐよう設計されていません。事実、電子メールのセキュリティが確保されていても、2016年のランサムウエア攻撃は前年比で50%増加しました。フィッシングメールの 93% に暗号化されたトランスクリプトと43%の犠牲者が組織内の従業員であり、組織が犯されたことを間違えた企業は、企業全体の高度な脅威からメールを保護するための高度なオプションが必要です。

貴社メールシステムを使ってPoCを実施してみてはいかがでしょうか。お問い合せをお待ちしております。

Metadefender Email Securityがメールによってもたらされるセキュリティ脅威から企業を保護

Metadefender Email Securityは、マルチスキャンおよびデータサニタイズテクノロジを使用することにより、既存のメールセキュリティの高度な脅威に対する有効性を高める第2の防御層です。ほとんどの電子メールセキュリティソリューションでは一般に3つ以下のマルウェア対策エンジンが使用されるため、多くの脅威を検出することはできませんが、OPSWATは既知の脅威の検出をマルチスキャンパッケージでほぼ100%向上させます。組織は、サービスパッケージの一部として市場で最も高度なデータサニタイズ(CDR:データの無害化)テクノロジを利用することもできます。

Metadefender Email Securityのお客様は、次のセキュリティ機能を利用できます。

データサニタイズ(CDR)

メール本文や添付ファイルのスクリプトやハイパーリンクなどの悪用可能なコンテンツを取り除き、システムの脆弱性を悪用した場合のリスクやユーザーのエラーを最小限に抑えながら、ファイルのユーザビリティを維持します。

詳細を見る

マルウェアに対するマルチスキャン

メールサーバのパフォーマンスに影響を与えずに、アウトブレイクや既知の脅威からの最高の防御のためのシグネチャとヒューリスティックの両方を使用して、最大30のマルウェア対策エンジンでメールをスキャンします。

詳細を見る

アーカイブ処理

30種類の圧縮ファイルタイプをスキャンし、各ファイルを個別にスキャンし、多数のエンジンのアーカイブ処理機能を活用して迅速な処理を維持することで、アーカイブ内の深刻な脅威を検出します。

詳細を見る