MetaAccess

次世代ネットワークアクセスコントロール

MetaAccessは、ローカルネットワークやOffice 365、Salesforce、Dropboxなどのクラウドアプリケーションに危険な端末がアクセスするのを防止します。MetaAccessは、OPSWATの業界最高峰のエンドポイントセキュリティと高度な脅威防止テクノロジを駆使し、端末が企業情報にアクセスする前に広範囲なセキュリティと規制遵守の確認、そして修復処理を実行します。

ビデオを見る

確実なデバイスセキュリティとコンプライアンス

BYOD(Bring your own device) と SDP(Software Defined Perimeter: ソフトウェア定義の境界) 環境へすすむとともに、管理外で危険性が高く、また規定に準拠していない可能性のあるデバイスから企業データへのアクセスがますます増えます。OPSWATの業界最先端のエンドポイントセキュリティと高度な脅威防御技術により、MetaAccessは企業所有のデバイスか否かにかかわらず、社内のセキュリティ基準を適用し、企業データにアクセスする全デバイスのセキュリティと法令順守を満たします。

主なセキュリティチェック:

  • MetaDefender プラットフォームを使用した 30 種類以上の マルウェア対策エンジンによるエンドポイント感染の検出
  • 5,000を超えるサードパーティアプリケーションのステータスと設定状況を検証する包括的なマルウェア対策の遵守
  • OPSWAT特許技術によるディスク暗号化状態の確認
  • ユーザー認証と画面ロックの確認
  • エンドポイントの脆弱性を検出
データシートのダウンロード

利点

企業データの保護

MetaAccessは、準拠しているデバイスだけがローカルネットワークとクラウドアプリケーションにアクセスできるようにすることで、企業データを保護します。さらに、全ての管理対象デバイスを企業全体で可視化し、セキュリティとコンプライアンスの問題と詳細なデバイス情報を容易に識別することができます。

規制遵守の支援

MetaAccessは、危険なデバイスが企業データにアクセスするのを防ぐとともに、クラウドアプリケーションにアクセスする際に、ユーザーの IDとデバイスを結びつけ、管理対象外のデバイス識別力を高めることで、組織が規制要件を満たすのに役立ちます。さらに、FINRA、HIPAA、SOX法などの規制遵守の監査支援に役立つレポートを提供します。

透過的なユーザーエクスペリエンス

MetaAccessは、エンドユーザーが操作する必要なく、エンドポイントデバイスポスチャの容易な制御を提供します。 従来の VPNやネットワークアクセスコントロール(NAC)とは異なり、SAMLなどのシームレスな認証プロトコルの統合により、MetaAccessはクラウドアプリケーションとSSOソリューションによって、アプリケーションごとにデバイスのポスチャを容易に適用することができます。

低コストのセットアップとメンテナンス

MetaAccessは、従量制の価格体系でインフラをアップグレードする必要がありません。また、デバイス追加時も、技術管理者のスキルを必要とせず容易に拡張できます。MetaAccessの設定は容易で、複数の導入オプションが利用できます。MetaAccessは最大25台のデバイスを無料で利用できるため、企業は有料のサブスクリプションを申し込む前にソリューションを試用することができます。

MetaAccess の違い

エンドポイントセキュリティのリーダー

MetaAccessは、エンドポイントのセキュリティアプリケーションのステータスから、パッチレベル、脅威の検知、デバイス侵害の兆候など、市場で最も幅広いエンドポイントのセキュリティチェックを提供しています。これは、OPSWATの特許取得済みの汎用ディスク暗号化検出と、コンプライアンスポリシーを確認するネットワークアクセス制御を提供する唯一のソリューションです。

カスタマイズ可能な修復ページ

MetaAccessは自己修復とカスタマイズ可能な修復ページを提供しているため、ユーザーはほとんどの問題を自分で解決し、ヘルプデスクの電話やサポートのオーバーヘッドを削減できます。

BYODのアクセス制御

MetaAccessは、ITインフラストラクチャの変更、ネットワークトラフィックの操作、またはモバイルデバイス管理(MDM)を必要することなく、管理外デバイスのコントロールを増やし、クラウドアプリケーションにアクセスする際に各デバイスのユーザーのID(IdPまたはアプリケーションのユーザー名)を表示することにより、複雑なBYODの所有権問題を一意に解決します。

MetaAccess機能の詳細

MetaAccess技術の詳細