MetaAccess

Trust endpoint access to cloud applications

社員が利用する端末で古いバージョンのセキュリティソフトウェアが使用されていたり、正しく設定されていない場合、組織のネットワークは脆弱になり、マルウェアの脅威にさらされることになります。リモート端末を利用する企業は、セキュリティポリシーの遵守状況を管理し、可視化する必要があります。

MetaAccessは、SalesforceやMicrosoft 365などのクラウドアプリケーションにアクセスする前に、端末がセキュリティポリシーに遵守していることを確認し、統一されたインタフェースで企業全体を可視化することができます。

可視化 コントロール コンプライアンス

テレワーク、BYOD(Bring Your Own Device)環境の増加は、企業の露出度を高めます。端末はパスワードで守られていますか?アンチウイルスソフトウェアは正しく設定されていますか?ファイルは暗号化されていますか?端末はマルウェアに感染していませんか?

MetaAccessは、企業ネットワークやクラウドアプリケーションへアクセスする端末管理の課題を解決します。企業全体の可視性はダッシュボードが提供します。柔軟な制御により、エコシステム全体でポリシーを変更し、単一の端末をブロックすることができます。クラウドアプリケーションへ安全な端末アクセスを制御するAPIにより、既存および従来のセキュリティソリュー ションにも統合することができます。

MetaAccessは、ネットワークやクラウドアプリケーションにアクセスする端末のセキュリティ、可視性、および制御を提供します。

始める

ハイライト

企業データの保護

MetaAccessは、遵守しているデバイスだけがローカルネットワークとクラウドアプリケーションにアクセスできるようにすることで、企業データを保護します。さらに、全ての管理対象デバイスを企業全体で可視化し、セキュリティとコンプライアンスの問題と詳細なデバイス情報を容易に識別することができます。

規制遵守の支援

MetaAccessは、危険なデバイスが企業データにアクセスするのを防ぐとともに、クラウドアプリケーションにアクセスする際に、ユーザーの IDとデバイスを結びつけ、管理対象外のデバイス識別力を高めることで、組織が規制要件を満たすのに役立ちます。さらに、FINRA、HIPAA、SOX法などの規制遵守の監査支援に役立つレポートを提供します。

アイデンティティプロバイダー統合

MetaAccessは、SAMLなどのシームレスな認証プロトコルをサポートしているため、OKTAやCentrifyなどのSSOサービスと容易に連携することができます。これにより、エンドユーザーの操作を必要とすることなく、アプリケーションごとに端末のアクセスを管理できます。

低コストのセットアップとメンテナンス

MetaAccessは、従量制の価格体系でインフラをアップグレードする必要がありません。また、デバイス追加時も、技術管理者のスキルを必要とせず容易に拡張できます。MetaAccessの設定は容易で、複数の導入オプションが利用できます。MetaAccessは最大50台のデバイスを無料で利用できるため、企業は有料のサブスクリプションを申し込む前にソリューションを試用することができます。

MetaAccessの特徴

エンドポイントセキュリティのリーダー

MetaAccessは、エンドポイントのセキュリティアプリケーションのステータスから、パッチレベル、脅威の検知、デバイス侵害の兆候など、市場で最も幅広いエンドポイントのセキュリティチェックを提供しています。これは、OPSWATの特許取得済みの汎用ディスク暗号化検出と、コンプライアンスポリシーを確認するネットワークアクセス制御を提供する唯一のソリューションです。

自己対応による修復

MetaAccessの自己修復とカスタマイズ可能な修復メッセージにより、ユーザーはほとんどの問題を自ら解決し、ヘルプデスクの電話やサポートのオーバーヘッドを削減できます。

BYODのアクセス制御

MetaAccessは、クラウドアプリケーションにアクセスする際に各端末のユーザーのID(IdPまたはアプリケーションのユーザー名)を提供することで、複雑なBYODの所有権問題を一意に解決します。ITインフラの変更、ネットワークトラフィックの操作、またはモバイルデバイス管理(MDM)を必要することなく、非管理対象端末の制御を高めることができます

カスタマイズ可能なポリシーとAPI

MetaAccessは、特定のビジネスニーズに合わせてソリューションをカスタマイズできる包括的なポリシー構成オプションを提供します。また、既存のセキュリティソリューションにREST APIで、クラウドアクセス制御を追加できるため、独自のエンドポイントソリューションの開発・維持をする必要がありません。

MetaAccessの機能詳細