MetaDefender Client

エンドポイントの高度な脅威防止

MetaDefender Clientは、エンドポイントを保護するための第2の防御層として機能します。MetaDefenderの業界最先端の脅威防止技術でファイルのスキャンと無害化をすることで、既存のウイルス対策とエンドポイントの保護を補完します

利点

高度な脅威防御

30 種類を超えるファイル形式に対応し、ユーザビリティを維持したままファイルの無害化と再構築を行い、安全なコンテンツを提供します。

脅威検知を強化

マルチスキャン - 30 種類を超えるマルウェア対策エンジンのシグニチャーやヒューリスティック検出、機械学習機能により既知および未知の脅威を高度に早い段階で検出します。

セキュアなファイル転送のワークフローをサポート

MetaDefender Kiosk は、デジタル署名された証明書をポータブルメディアに書き込むことができます。ポータブルメディアは、安全なネットワーク内で使用する前にMetaDefender Client でファイルを処理し、ロックを解除します。

脆弱性評価

10 億以上のデータポイントを使って 20,000 以上のソフトウェアアプリケーションの既知の脆弱性を検出します。

機能

USB およびポータブルメディアの保護
セキュリティ条件が満たされるまで、USB ドライブやその他のポータブルメディアデバイスへのアクセスをブロックします。
マルチスキャンとデータ無害化
複数のマルウェア対策エンジンを使用してシステムをスキャンし、30 種類以上のファイルを無害化することにより、脅威に対する第 2 の防御層を提供します。
Kiosk からのデジタル証明書
MetaDefender Kiosk で作成したデジタル証明書を使用してファイルのロックを解除できます。
アーカイブの検査
暗号化、非暗号化の両アーカイブに含まれるファイルをスキャンします。暗号化されたデバイスもサポートされています。
オフラインおよびエアギャップのサポート
オンライン、オフラインの両環境をサポートします。 MetaDefender Kioskの併用でエアギャップネットワークの安全なファイル転送をサポートします。
マルチプラットフォーム OS のサポート
Windows 7, 8, 8.1, 10, Windows Server 2008 R2, 2012, 2012 R2, 2016, Debian, Ubuntu, CentOS Linux