MetaDefender ライセンス

重要インフラを保護するソリューション

悪意のあるファイルアップロードから保護


文書や画像などの生産性ファイルには、マルウェア潜んでいる可能性があります。

従来の検知メカニズムでは不十分であり、複数のソリューションを統合するにはコストと時間がかかります。企業は、アップロードされたファイルと企業内ネットワークとの間の堅牢な保護レイヤが必要です。

マルウェア分析


サイバー犯罪者の攻撃はますます巧妙になりますが、ほとんどの企業は脅威に対処する準備が不十分です。環境に出入りし、横断するすべてのファイルを信頼できますか?

企業は、次世代の攻撃に対抗するために、包括的かつ警戒的なマルウェア分析ソリューションを必要としています。

Deep CDR (無害化)

Deep CDR(コンテンツの非武装化と再構築) は、検知に依存しない高度な脅威防止テクノロジーです。代わりに、すべてのファイルに悪意があるものとみなし、各ファイルの無害化し、ユーザビリティを維持したまま安全なコンテンツを再構築します。このテクノロジーは、完全に検出不能な(FUD)マルウェア、VMware検出、難読化などのマルウェア回避技術を搭載したゼロデイ標的型攻撃や脅威など、既知または未知の脅威を防ぐのに非常に効果的です。

Deep CDR (無害化)

Deep CDR(コンテンツの非武装化と再構築) は、検知に依存しない高度な脅威防止テクノロジーです。代わりに、すべてのファイルに悪意があるものとみなし、各ファイルの無害化し、ユーザビリティを維持したまま安全なコンテンツを再構築します。このテクノロジーは、完全に検出不能な(FUD)マルウェア、VMware検出、難読化などのマルウェア回避技術を搭載したゼロデイ標的型攻撃や脅威など、既知または未知の脅威を防ぐのに非常に効果的です。

プロアクティブDLP


OPSWAT プロアクティブ DLP ( Data Loss Prevention:情報損失防止)は、クレジットカード番号や社会保障番号などのファイル内の機密データを検出、ブロックまたはリダクション(編集)することにより、潜在的なデータ侵害や規制コンプライアンス違反を防止するのに役立ちます。 OPSWAT プロアクティブDLPは、Microsoft OfficeやPDFなど、さまざまな種類のファイルをサポートしています。

サンドボックス


OPSWAT サンドボックステクノロジーは、組織が潜在的に悪意のあるファイルとバイナリを安全に実行し、徹底的に分析できる安全な環境を提供するように特別に設計されています。

APT (Advanced Persistent Threats: 高度で持続的な脅威)を含む暗号化、難読化されたゼロデイマルウェア、高度な脅威から組織を保護します。

脅威インテリジェンス

クラウドレピュテーションシステムであるMetaDefender Cloudを活用して、既存の検知メカニズムを強化します。

隔離区域の感染ファイルを分析する場合、MetaDefenderユーザーはMetaDefender Cloudから高度な分析レポートを要求することができます。

ファイルベースの脆弱性


ファイルベースの脆弱性評価技術は、インストール前にアプリケーションおよびファイルベースの脆弱性を検知します。特許取得済みの技術(米国9749349 B1)を使用して、脆弱性をソフトウェアコンポーネント、製品インストーラー、ファームウェアパッケージ、その他の多くの種類のバイナリファイルに関連付けます。

サンドボックス

OPSWAT サンドボックステクノロジーは、組織が潜在的に悪意のあるファイルとバイナリを安全に実行し、徹底的に分析できる安全な環境を提供するように特別に設計されています。

APT (Advanced Persistent Threats: 高度で持続的な脅威)を含む暗号化、難読化されたゼロデイマルウェア、高度な脅威から組織を保護します。

サンドボックス

OPSWAT サンドボックステクノロジーは、組織が潜在的に悪意のあるファイルとバイナリを安全に実行し、徹底的に分析できる安全な環境を提供するように特別に設計されています。

APT (Advanced Persistent Threats: 高度で持続的な脅威)を含む暗号化、難読化されたゼロデイマルウェア、高度な脅威から組織を保護します。

脅威インテリジェンス

クラウドレピュテーションシステムであるMetaDefender Cloudを活用して、既存の検知メカニズムを強化します。

隔離区域の感染ファイルを分析する場合、MetaDefenderユーザーはMetaDefender Cloudから高度な分析レポートを要求することができます。

Deep CDR (無害化)

Deep CDR(コンテンツの非武装化と再構築) は、検知に依存しない高度な脅威防止テクノロジーです。代わりに、すべてのファイルに悪意があるものとみなし、各ファイルの無害化し、ユーザビリティを維持したまま安全なコンテンツを再構築します。このテクノロジーは、完全に検出不能な(FUD)マルウェア、VMware検出、難読化などのマルウェア回避技術を搭載したゼロデイ標的型攻撃や脅威など、既知または未知の脅威を防ぐのに非常に効果的です。

プロアクティブDLP


OPSWAT プロアクティブ DLP ( Data Loss Prevention:情報損失防止)は、クレジットカード番号や社会保障番号などのファイル内の機密データを検出、ブロックまたはリダクション(編集)することにより、潜在的なデータ侵害や規制コンプライアンス違反を防止するのに役立ちます。 OPSWAT プロアクティブDLPは、Microsoft OfficeやPDFなど、さまざまな種類のファイルをサポートしています。

ファイルベースの脆弱性


ファイルベースの脆弱性評価技術は、インストール前にアプリケーションおよびファイルベースの脆弱性を検知します。特許取得済みの技術(米国9749349 B1)を使用して、脆弱性をソフトウェアコンポーネント、製品インストーラー、ファームウェアパッケージ、その他の多くの種類のバイナリファイルに関連付けます。

Metascan

マルチスキャンは、マルウェアの検知率を高め、アウトブレイクの検知時間を短縮し、アンチマルウェアベンダーの課題に対する回復力を提供する高度な脅威検知・防止技術です。OPSWATは、30以上のアンチマルウェアエンジンによるファイルのマルチスキャン概念のパイオニアとして、さまざまなサイバー攻撃からの保護を強化しました。

Windows Linux
PackagesDetection
8 エンジン
83.42%
12 エンジン
91.89%
16 エンジン
97.32%
20 エンジン
98.51%
Max エンジン
99.39%
PackagesDetection
5 エンジン
10 エンジン

カスタムエンジン

表示されているアンチマルウェアエンジンを対象パッケージに追加し、脅威検知ソリューションをカスタマイズすることができます。エンジンを追加することでセキュリティプロファイルがさらに向上し、ご利用される環境の要件に合わせて柔軟に対応することができます。

MetaDefender にご関心をお寄せいただきましてありがとうございます。

営業へのお問い合わせ

営業・技術担当者へのお問い合わせは、以下のフォームに記入してください。担当者から連絡させていただきます。