メール保護の新しいアプローチ

Email Gateway Security

マルウェア攻撃の94%の侵入経路はメールです

急増するマルウェアは、あらゆる組織とって脅威になっています。(2019年:9億の新しいマルウェア攻撃)FBIのレポートでは94%のマルウェアは引き続きメールが糸口で、2019年には17億ドルを超える被害が発生しました。

これらの高度な脅威は、マルウェア検知アプリケーションの多くを回避する
可能性があるため、OPSWATはゼロトラスト: Trust no file. Trust no device.
(如何なるファイルも如何なるデバイスも信用しない)を理念
としています。



99%近い検知率でマルウェアを対処


安全ではない
メール
アンチスパム
アンチフィッシング
ゼロデイ攻撃
悪意のある
コンテンツ
機密データ損失
安全なメール
アンチスパムとダイナミックアンチフィッシングテクノロジ
  • 市場で最強のアンチスパムエンジンの一つでスパム検査
  • メールコンテンツを確認し全ての悪意あるリンクを無効化
  • 安全ではないハイパーリンクはプレーンテキストに置換、あるいはレピュテーションチェックによる詳細な分析にリダイレクト

詳細情報

電子メール本文と添付ファイルの非武装化によりゼロデイマルウェアを防御
  • 悪意の可能性があるすべてのコンテンツを削除し、ユーザビリティを維持した再構築ファイルのみを配信
  • パスワードで保護された添付ファイルを含む、100を超える一般的なファイルタイプを無害化

詳細情報

マルチスキャンテクノロジによる高度な脅威防止
  • 市場で最高のマルチスキャンテクノロジで高いマルウェア検知率を提供
  • 20種類のマルウェア対策エンジンのシグネチャ、ヒューリスティック、機械学習でメールを検査

詳細情報

プロアクティブなデータ損失防止テクノロジー
  • PCI、HIPAA、GLBA、GDPR、FINRAなどの業界規制への準拠を支援
  • メールのヘッダー、本文、添付ファイルの機密情報を確認
  • 機密情報が誤って組織に出入りするのを防止

詳細情報

MetaDefender Email Gateway Securityは、すべてのサイバーセキュリティメールの脅威に対処し、最大99%のマルウェア検知率を提供します。当社のメールセキュリティソリューションは、高度な脅威防止とマルウェアアウトブレイクに対する早期保護を提供します。配信前に添付ファイルを無害化することでゼロデイ攻撃を防止し、最高のアンチスパムエンジンとアンチフィッシングエンジンによりビジネスメール詐欺(BEC)攻撃を防止します。



複数階層のセキュリティで深い価値を提供

    メールセキュリティの確保でビジネスを保護


OPSWATは、メールを介した脅威に対抗するために4つの主要な機能を提供

1.  スパムやビジネスメール詐欺(BEC)攻撃からユーザーを保護

2.  ゼロデイ標的型攻撃に対する防御技術

3.  優れたマルウェア対策ソリューションでスキャン。20種類のマルウェア対策エンジンでマルウェアアウトブレイクに対する早期保護

4.  メールによる機密コンテンツの組織への出入りを防止することで、PCI、HIPAA、GLBA、GDPR、FINRAなどの業界規制対応を支援

99%近い検知率と低TCOの包括的な
メールセキュリティソリューション

MetaDefender Email Gateway Securityは、メールが糸口となる高度な脅威防止とマルウェアアウトブレイクに対する早期保護を提供します。メール(ヘッダーと本文)と添付ファイルを調べ、20種類のマルウェア対策エンジンで悪意あるコンテンツを高速にマルチスキャンします。

当社では、OPSWAT MetaDefenderをセキュリティツールとして採用し、高度なマルウェア脅威から電子メールユーザーを保護しています。この製品を長年にわたって使い続けてきました。OPSWATのマルチエンジンのスキャン技術は、高速でかつ容易に導入でき、顧客に最高のセキュリティを提供するという当社の目的に多大な貢献をしてきました。OPSWATとの提携を光栄に思います。安心して薦められる会社です。

Chris Cain 氏
AppRiver 新技術部門 バイスプレジデント



私たちが提供するもの

マルウェアへの対抗

マルウェアが既存のセキュリティ防御を回避し続けています。なぜならば、サイバー犯罪者が高度化・巧妙化する脅威を開発する一方で、企業では十分な対応ができていません。多くの組織では、ひとつのアンチウイルスのスキャンでファイルがネットワークに入ることを許可しています。しかし、優れた防御ソリューションは、より多くのアンチウイルスエンジンを組み合わせて活用しています。OPSWATは、新しい脅威を検知するために、最大20種類のマルウェア対策エンジンのシグネチャ、ヒューリスティック、機械学習を使用します。

詳細情報

機密データの検知と是正

機密データは、盗まれたり、誤ってアップロードされたり外部に送信されたりする可能性があります。その結果、高額なコンプライアンスの罰金や社会的信用の失墜の可能性があります。 OPSWATは、ファイルの機密データを検査し、ユーザーに到達する前、またはネットワークから出る前に、ファイルをブロックまたは秘匿化します。

詳細情報

疑わしいファイルのクリーンアップ

ファイルには、空き領域または意味を持たないデータ要素が含まれていることがあります。これらの空き領域を悪用してマルウェアを潜ませる攻撃者が増え続けています。コンテンツの非武装化と再構築(CDR)では、ファイルを無害化し、ユーザビリティを維持した新しいファイルを再構築します。 CDRは、脅威が潜んでいるか不明な場合でも、攻撃発生前の防御に重点を置いています。 OPSWAT Deep CDRテクノロジは、100以上のファイルタイプを無害化し、安全なファイル要素でユーザビリティを維持したままファイルを再構築します。

詳細情報

技術比較

CISO、IT管理者、システム管理者にメールセキュリティソリューションの有効性についてより多くの情報をご提供するために、メールの主な脅威ベクトルへの対応状況を、7つの主要メールソリューションで比較したガイドです。

組織の受信トレイを安全に維持する最適な製品を探す


ガイドをダウンロード

このガイドには次の点が含まれています。

1.  最も効果的なマルウェア対策スキャンを備えるソリューション

2.  添付ファイルから悪意あるコンテンツを削除するソリューション

3.  メールセキュリティソリューションの「隙間」を埋める方法

メールセキュリティを強化する方法