安全なデバイスアクセス

Trust endpoint access to your cloud and local networks

クラウドアプリケーション、テレワーク、BYODの増加により、管理されていない端末の監視やコンプライアンスに対する要求が加速しています。最新のOSパッチが適用されていない端末や、ウイルス定義ファイルが更新されていない端末は、組織をマルウェアや脆弱性にさらします。

  • 端末が、組織のネットワークリソースやクラウドアプリケーションへアクセスする前に、組織の定めたセキュリティポリシーを遵守していることをどのように確認していますか?

OPSWATは、端末がクラウドアプリケーションやローカルネットワークにアクセスする前に、端末がセキュリティポリシーを遵守していることを確認します。

「MetaAccessにより、銀行ネットワークの高度なセキュリティを維持しながら、多くのユーザーに使いやすさの向上と、安全なネットワークとリソースへのアクセスを提供できます。」
ITディレクター

大手グローバル銀行

わたしたちの支援

BYOD環境で広く採用

従来のアクセスセキュリティソフトウェアは、煩雑で、生産性を低下させるためBYODユーザーは、利用を避けてきました。OPSWATは、総合的な検査を迅速に実行し、一時的に利用可能な軽量クライアントを端末へ提供します。

詳細なコンプライアンスと制御

管理端末と非管理端末を監視することは、セキュリティ管理者にとって負担です。OPSWATは5,000を超えるサードパーティアプリケーションを検出し情報を取得する機能により、端末を検査し、リスクと脆弱性を評価します。アンチマルウェア、脆弱性、暗号化、そして不要なアプリケーションの状況を判断するために、詳細に評価します。管理者はリモートでマルチスキャンを呼び出して、能動的・受動的(誘導型)マルウェアを検知できます。

ダッシュボードによる可視化

何千もの端末管理は、複雑さが非常に大きくなることがあります。 当社は、組織の全端末の健全性を示し、ネットワークとクラウドアプリケーションにアクセスするすべての端末制御を1つの画面で提供します。管理者は、任意の端末の詳細なセキュリティ点検を実施し、どの端末がどのアプリケーションに、いつアクセスしたかを検査できます。包括的なダッシュボードは、組織全体のリスク、端末の活動状況、そして現在の脆弱性を示します。

自動および自己修復

端末のブロックと誤検知は、エンドユーザーの不満と生産性の損失につながります。 当社は、すぐに利用可能な自己修復オプションを提供し、コストのかかるヘルプデスクへの問い合わせを最小限に抑えます。生産性を最大化するために、ローカルのアンチマルウェアソフトのウイルス定義の更新、ファイアウォールの有効化、不要なアプリケーションの削除(パスワードで保護されている場合も)など、一部の修復オプションを自動化できます。

1億を超えるエンドポイントがOPSWATによって保護されています

わたしたちが提供するもの

脆弱なデバイスに対する保護

新たな端末を接続することは、ネットワークやクラウドアプリケーションを脆弱性にさらします。端末の盗難、パスワード保護の欠如、セキュリティソフトウェアの更新、そして暗号化の誤用すべて、露呈点となります。当社の包括的な端末検査の提供により、信頼できる端末のみが組織環境にアクセスすることに確信を持てます。

コンプライアンス要件を満たす

侵害やプライバシー違反を最小限に抑えるために、規制遵守要件が適用されます。要件を満たしていない場合、コンプライアンスの遵守には時間とコストがかかる可能性があります。 OPSWATテクノロジーは、包括的な可視性と詳細なレポート機能を提供し、PCI DSS、HIPPA、FINRA、HITECH、NIST、ISO、FTC、COBIT、SOX、CIS、およびSANSの要件を満たすのに役立ちます。

優れたサイバーセキュリティの利用